1%の人生を歩む奥村シンゴのテレビ、メディア、介護の表裏

30歳過ぎで祖母を在宅介護し6年目(全人口の1%)でテレビ・メディアコラム二ストの奥村が表から裏まで書きます。

元看護師の彼女直伝 虚弱体質の私が6年間インフルエンザと風邪を予防できている方法

インフルエンザの患者数が過去最多の283万人になったというニュースが報じられた。

私は、元看護師として10年以上勤務していた彼女と知り合い6年目になる。

6年間で虚弱体質だった私の体が変化しつつある。

仕事や介護で夜中3時寝、6時起きのような大変不規則な生活が続いているが、風邪をひかなくなり、何度か発症していたインフルエンザも6年間かからなくなった。

6年間、彼女からアドバイスをもらい実行している『風邪やインフルエンザ予防術』をお教えする。

けっして難しい事ではなく、誰でもできる事なのでよければ参考にしてもらいたい。

ヨーグルトとヤクルトを365日1日1回摂る

まず、彼女に「ヨーグルトとヤクルトを毎日とると違うよ、おなかをきれいにすることだよ」と言われた。

私はそれまでヨーグルトやヤクルトや牛乳などの乳製品を摂取する機会は多くなかった。

ちなみに、ヨーグルトは『明治ブルガリアヨーグルトLB81』か『森永乳業ビヒダスプレーンヨーグルト BB536』のどちらかを6年間毎日ほぼ食べ続けてきた。

なぜなら、この2つのヨーグルトは人気ランキングで検索すると常に上位だからだ。

aqfpob.com 参照

 そして、ヤクルトは毎週宅配してもらっている。

ご存じの方も多いと思うが、スーパーやコンビニエンスストアのヤクルトより宅配専用のヤクルトはシロタ菌の乳酸菌の数が約2倍違うからだ。

9割の医師がヤクルトは効果があるとアンケートに答えている。

f:id:torata_t:20180126222743j:image

ishicome.medpeer.jps 暗礁

温野菜カレーライスを週2回は食べる

次に彼女に「毎週1回でいいから野菜が入ったカレーライスを食べてね」と言われた。

ヨーグルトやヤクルトと比べてピンとこなかったので、「なんで?」と聞き返した。

彼女は「カレーライスのスパイスは体温あげてくれるから免疫力上げるし、疲れもとってくれるし、冷たいサラダ食べるより温野菜の方が栄養あるし、最高だよカレーは」

カレーライスの中に入っている『クルクミン』は肝機能を強くしたり、免疫力をアップさせる。

ターメリック』や『シナモン』など漢方薬で使われることもあるぐらいのものもたくさん入っている。

また、カレーライスの具の温野菜は一度に多量の野菜が摂取できることが大きい。

オススメの具はにんじんやじゃがいもはもちろん、抗菌化作用が約3倍になる「トマト」、β―カロチン、カリウム、食物繊維、ビタミンA・C・Eなど豊富に入った『カボチャ』、胃腸を整える『オクラ』をよく入れ食べている。

林先生の初耳学でも話題になったで、あわせて参考にしてもらいたい。

現在週2回はカレーライスを食べるようにしている。

pastel.website参照

 他はバランスのいい食事を極力心がけるように改めた。

例えば、晩御飯は青魚、大根おろし、大豆、みそ汁、ご飯というようなどこの定食屋にでも行くとあるようなごくシンプルなメニュー。

f:id:torata_t:20180126222914j:image

毎日継続さえさせれば、時間もお金もそれほどかかるわけではないので「よく風邪をひく」、「よくインフルエンザにかかる」そんな方々にぜひ参考にしてもらえれば幸いである。